スカートだから有利になるということはありません!

就活シーズンを迎えると、学生の間で就活ファッションにまつわる様々な噂が飛び交います。中にはいたずらに不安を煽るものもあるので、今回は就活ファッションに関する噂をいくつか検証していきます。まずは「女子学生のリクルートスーツは、パンツよりもスカートにしたほうが内定率が高くなる」というものです。この噂は単なる都市伝説だといえます。特に鉄道業界ではパンツスタイルの制服が支給されることが多いので、パンツスタイルで面接に挑んだほうが入社後の働く姿をイメージされやすいという見解もあります。逆に膝上丈のスカートで面接に参加すると、座ったときに太ももが見えるので面接官は目のやり場に困るという意見があります。スカートにするなら、膝下丈を選ぶようにしましょう。また「面接は黒タイツでもOK」という噂もありますが、タイツはカジュアルファッションに該当するので、肌色のストッキングが無難だといえます。

男子学生は上着の下ボタンを外しましょう!

男性学生については「ボタンを外すとだらしない印象になるので、ボタンはすべて留めたほうがよい」という噂がありますが、これは間違いです。Yシャツのボタンは襟元も袖口もすべて留めなくてはいけませんが、二つボタンのスーツの上着は上だけ留めるのが正しいマナーとなっています。二つボタンのスーツは下ボタンを外すことで、シルエットが美しくなるように設計されているのです。また「スラックスの丈は、靴下が少し見える程度がよい」と言われることもありますが、リクルートスーツの裾はシングルで革靴の甲に少し触れる程度の丈が一般的となっています。間違った噂に惑わされないために、リクルートスーツの専門店へ行って店員さんに一度相談してみましょう。

vapeのアメリカでの問題は、違法リキッドによる人体に有害な物質の吸入やSNSなどを介した10代をはじめとする若年層への広がりと未確立な徴税制度などがあります。

フィリピンのカジノ